ホーム >> 学生募集

学生募集

学生募集

 大学院生の募集をしています。 物理シミュレーションを活用したシステム開発、設計、計算手法、現象解明、コンピュータグラフィックスなどに興味がある人はぜひ受験ください。

 

本研究室で何を学べるか

 流体のシミューレーションを主に行なっています。この応用範囲は広く、例えば防災(津波・洪水など)、船舶や海洋構造物、コンピュータグラフィックス、自動車、化学プラント、家電製品、現象解明に用いることができます。流体シミューレーションの研究では、物理学と数学の力、プログラミング技術、工学的な応用のセンスを磨くことができます。もちろん、研究成果を論文として仕上げる方法も習得できます。

 

卒業生の就職先

 ●平成27年度 修士課程修了者の就職先:
   トヨタ自動車、ドイツ証券

 ●平成28年度 修士課程修了の就職先:
   トヨタ自動車、新日鉄住金ソリューションズ

 ●平成29年度 修士課程修了予定者の内々定先:
   三菱商事

 

私の指導スタイル

1)雰囲気が大事:
 研究を楽しめる雰囲気になるよう心がけています。私の経験では、人は言われるとやりたくなくなるものです。お母さんが「勉強しなさい」と言うほど、子供は勉強したくなくなるものですよね。大人の大学院生も同じです。できるだけ見守ることにしています。
 学生に興味を持たせるには、教員自身が研究や授業を楽しむ必要があります。人は、他の人が面白そうにやっていることに興味をもつものです。自分が受けてきた今までの授業を思い出してください。難しい内容でも、面白さをを熱く語ってくれる先生の話には興味を持ちますよね。
 研究は、うまくいかないことが多いです。教員自身が研究で多くの失敗をし、それでも「こうするとうまくいかない、という事が分かった」とエジソンのようにプラス思考で挑戦をする。特に私のように若い教員は、そういう姿を学生に見せることも大事だと考えています。

2)進捗確認:
 一週間に一度進捗を聞き、何か困っていないか確認します。頻繁に聞きません。学生が監視されていると感じたり、研究をしっかりしなさいと言われている気がするからです。

3)研究テーマの決め方:
 研究テーマは、学生本人にも考えてもらいます。研究の面白いところは、自分のアイデアを実現するところにあります。研究テーマ自体がアイデアでもあります。こういう技術があったらいいな、こういう技術があるべきだ、というアイデアをたくさんだし、その中で最良のものを選ぶように指導しています。大学院は、自分のアイデアを実現したり、夢の実現のための実力をつける貴重な時間だと思います。

注: 学生本人が考えた研究テーマをできるだけ採用したいと考えていますが、許可することが難しい場合もあるので注意してください。
(例:新規性が無い場合。研究の意義(価値)が無い場合。購入が不可能な高価な装置を必要とする場合。本人の能力を大幅に超えており修業年以内に成果をあげることが難しいテーマの場合(どうしても挑戦したい場合は自己責任でどうぞ。成果をあげやすくなるよう少しテーマを修正して取り組むことをお勧めします。)等。)

追記: 修士課程1年生にとって研究テーマを自分で考えることはまだ難しい場合があると思います。その場合は、教員が研究テーマを提案します。

4)若い教員の良いところ:
 私は39歳(平成29年7月10日現在)と比較的若く、また童顔と小柄であることもあり学生と間違われることも多いです。そのため威厳は全くありませんが、そのぶん学生は話しやすいのではないかと自分では思っております。また、研究室は越塚教授と一緒に運営しており、越塚先生からのアドバイスも受けることができます。

5)私の好きな説明の仕方
 分かりやすく話すことが好きです。 難しい表現を使わないで、たとえ話を交えながら説明できると喜びを感じます。最近、竹内薫さん(サイエンス作家)の記事(東洋経済ONLINE) を読みました。「わかりやすい伝え方」とは、「相手の脳内に絵(イメージ)を描かせる伝え方」なんだそうです。確かに、竹内薫さんや池上彰さんの話は頭にイメージを描き易いですね。私もそのような説明の仕方を目標としています。
 その他、私の授業では、その講義の目的(今学んでいることがどのように役立つか)と目標(何をどこまでできるようになるか)を繰り返し話し、モチベーションをあげるよう心がけています。

東京大学の良いところ

 優秀な学生が多いところが、東大の良いところだと思います。いろいろな学生がいます。コツコツ派の学生から、学習スピードが驚くほど速い学生、海外出身の学生など、互いに刺激を受けながら学んでいます。

 人間も植物と同じで、いろいろなタイプの学生や教員がいるべきだと思います。どういうタイプがすばらしいとは一概には言えませし、同じタイプの人だけがいてもつまらないと思います。各学生が、自分の目指す枝を伸ばし、花を咲かせられるように、またその過程を楽しめるように、手助けをしたいと考えています。