2007年

書籍

[1] 越塚誠一
計算力学ハンドブック 4.4 MPS
朝倉書店 (2007)

[2] 越塚誠一
機械工学便覧 基礎編α6 計算力学 8.1.4 非構造格子による解析
日本機械学会, 100-102 (2007)

ジャーナル論文

[1] K. Shibata and S. Koshizuka
"Numerical Analysis of Shipping Water Impact on a Deck Using a Particle Method"
Ocean Engineering 34, 585-593 (2007)

[2] 鈴木幸人, 越塚誠一
"非線型弾性体に対する粒子法の開発"
Trans. of JSCES, Paper No.20070001 (2007)

[3] 原田隆宏, 田中正幸, 越塚誠一, 河口洋一郎
"グラフィックスハードウェアを用いた個別要素法の高速化"
Trans. of JSCES, Paper No.20070011 (2007)

[4] 田中正幸, 酒井幹夫, 越塚誠一
"粒子ベース剛体シミュレーションと流体の連成"
Trans. of JSCES Paper No.20070007 (2007)

[5] 原田隆宏, 鈴木幸人, 越塚誠一, 荒川貴博, 庄子習一
"MPS法を用いたマイクロ混相流3次元解析"
日本機械学会論文集 (B), 73(726), 437-444 (2007)

[6] 田中正幸, 越塚誠一
"粒子法を用いた赤血球の変形シミュレーション"
ながれ 26(1), 49-55 (2007)

[7] S. Uchida, M. Naitoh, Y. Uehara, H. Okada, K. Hotta, R. Ichikawa and S. Koshizuka
"Evaluation Method of Corrosive Conditions in Cooling Systems of Nuclear Power Plants by Combined Analyses of Flow Dynamics and Corrosion"
Power Plant Chemistry 9(3), 143-156 (2007)

[8] 原田隆宏, 越塚誠一
"離散境界を用いた距離関数の構築手法"
情報処理学会論文誌 48(4), 1820-1828 (2007)

[9] 原田隆宏, 越塚誠一
"布と高解像度のモデルとのリアルタイム衝突計算"
情報処理学会論文誌 48(4), 1829-1837 (2007)

[10] 原田隆宏, 越塚誠一
"SPH法における壁境界計算手法の改良"
情報処理学会論文誌 48(4), 1838-1846 (2007)

[11] 鈴木幸人, 大野浩誠, 越塚誠一
"MPS法によるマイクロディスペンサーのシミュレーション"
日本機械学会論文集(B) 73(4), 981-988 (2007)

[12] Y. Suzuki, S. Koshizuka and Y. Oka
"Hamiltonian Moving-Particle Semi-Implicit (HMPS) Method for Incompressible Fluid Flows"
Comput. Methods Appl. Mech. Engrg. 196, 2876-2894 (2007)

[13] C. J. K. Lee, H. Noguchi and S. Koshizuka
"Fluid-Shell Structure Interaction Analysis by Coupled Particle and Finite Element Method"
Computers and Structures 85, 688-697 (2007)

[14] H. Xie, S. Koshizuka and Y. Oka
"Modeling the Wetting Effects in Droplet Impingement using Particle Method"
Computer Modeling in Engineering & Sciences 18(1), 1-16 (2007)

[15] Y. Ishiwatari, Y. Oka and S. Koshizuka
"Safety of the Super LWR"
Nuclear Engineering and Technology 39(4), 257-272 (2007)

[16] Y. Ishiwatari, Y. Oka, S. Koshizuka and J. Liu
"ATWS Characteristics of Super LWR with/without Alternative Action"
J. Nucl. Sci. Technol. 44(4), 572-589 (2007).

[17] 越塚誠一
"粒子法による連続体力学の数値シミュレーション"
トライボロジスト 52(7), 495-500 (2007).

[18] 越塚誠一
"機械工学年鑑 3.計算力学 3.5 マルチスケール・マルチフィジックス"
日本機械学会誌 110(8), 578 (2007).

[19] 近藤雅裕, 越塚誠一, 滝本正人
"MPS法における粒子間ポテンシャル力を用いた表面張力モデル"
Trans. of JSCES Paper No.20070021 (2007).

[20] 原田隆宏, 越塚誠一, 河口洋一郎
"GPUを用いた粒子法シミュレーションのためのスライスデータ構造"
Trans. of JSCES Paper No.20070028 (2007).

[21] 越塚誠一, 鈴木幸人
"粒子法によるマルチフィジックスシミュレータ"
情報処理 48(10), 1069-1073 (2007).

[22] 鈴木幸人, 越塚誠一
"Noetherの定理とrelabeling symmetry"
ながれ 26(5), 341-344 (2007).

[23] 原田隆宏, 田中正幸, 越塚誠一, 河口洋一郎
"粒子ベースシミュレーションの並列化"
情報処理学会論文誌 48(11), 3557-3567 (2007)

[24] 原田隆宏, 越塚誠一, 河口洋一
"粒子からの表面構築の改良"
情報処理学会論文誌 48(12), 4059-4063 (2007)

[25]近藤雅裕, 鈴木幸人, 越塚誠一
 "最小自乗近似による粒子法弾性解析手法の振動抑制"
Trans. of JSCES Paper No.20070031 (2007)

国際会議

[1] Y. Oka, Y. Ishiwatari and S. Koshizuka
"Research and Development of Super LWR and Super Fast Reactor"
Proc 3rd Int. Symp. on SCW-Design and Technology, March 12-15, 2007, Shanghai, Paper No. SCR2007-I003

[2] T. Harada, S. Koshizuka and Y. Kawaguchi
"Acceleration of Smoothed Particle Hydrodynamics using Graphics Hardware"
Prof. Int. Conf. on Computational Methods (ICCM2007), April 4-6, 2007, Hiroshima, p.87

[3] M. Kondo and S. Koshizuka
"Conservative MPS Method in Elastic Analysis"
Prof. Int. Conf. on Computational Methods (ICCM2007), April 4-6, 2007, Hiroshima, p.92

[4] S. Koshizuka
"Particle Simulation and Its Application to Computer Graphics" [Keynote]
Prof. Int. Conf. on Computational Methods (ICCM2007), April 4-6, 2007, Hiroshima, p.295

[5] Y. Suzuki and S. Koshizuka
"A Hamiltonian Particle Method for Fluid and Solid Dynamics"
Prof. Int. Conf. on Computational Methods (ICCM2007), April 4-6, 2007, Hiroshima, p.306

[6] T. Harada, S. Koshizuka and Y. Kawaguchi
"Smoothed Particle Hydrodynamics in Complex Shapes"
Proc. of Spring Conference on Computer Graphics, Budmerice, Slovakia, Apr. 26 - 28, 2007, p.235-241

[7] T. Harada, M. Tanaka, S. Koshizuka and Y. Kawaguchi
"Acceleration of Rigid Body Simulation using Graphics Hardware"
Symposium on Interactive 3D Graphics and Games, Seattle, April 30 - May 2, 2007

[8] T. Harada, S. Koshizuka and Y. Kawaguchi,
"Real-time Fluid Simulation Coupled with Cloth"
Proc. of Theory and Practice of Computer Graphics, Bangor, June 13-15, 2007, p.13-20
Ken Brodlie Prize for Best Paper, Third Place

[9] T. Harada, S. Koshizuka and Y. Kawaguchi,
"Smoothed Particle Hydrodynamics on GPUs"
Proc. of Computer Graphics International, Rio de Janeiro, May 30 - June 2, 2007, p.63-70

[10] S. Koshizuka
"Numerical Analysis of Fluid-Structure Interaction for Biomechanics Using a Particle Method"
Abstract 9th US National Congress on Computational Mechanics, San Francisco, July 22-26, 2007, No.788

[11] S. Koshizuka, K. Shibata, M. Tanaka, and Y. Suzuki,
"Numerical Analysis of Fluid-Structure and Fluid-Rigid Body Interactions Using a Particle Method" (keynote)
Proc. 5th Joint ASME/JSME Fluids Engineering Conf. (FEDSM2007), San Diego, July 30-August 2, 2007, FEDSM-37137

[12] M. Kondo, S. Koshizuka, K. Suzuki and M. Takimoto,
"Surface Tension Model Using Inter-particle Force in Particle Method"
Proc. 5th Joint ASME/JSME Fluids Engineering Conf. (FEDSM2007), San Diego, July 30-August 2, 2007, FEDSM-37215

[13] T. Harada, M. Tanaka, S. Koshizuka and Y. Kawaguchi
"Real-time Particle-Based Simulation on GPUs"
DVD publication at ACM SIGGRAPH posters, San Diego, August 5 - 9, 2007, sap-151

[14] M. Kondo, M. Tanaka, T. Harada and S. Koshizuka
"Elastic Objects for Computer Graphic Field Using MPS Method"
DVD publication at ACM SIGGRAPH posters, San Diego, August 5 - 9, 2007, sap-179

[15] S. Koshizuka, J. Liu, K. Morita, T. Arima, S. Zhang, Y. Tobita, H. Yamano, T. Ito, M. Naitoh, N. Shirakawa, S. Hosoda, Y. Uehara, Y. Yamamoto, M. Himi, H. Kozakai, E. Hirano, S. Shimizu and M. Oue
"Code Development for Core Disruptive Accidents in Sodium-cooled Fast Reactors"
IAEA Topical Meeting on Advanced Safety Assessment Methods for Nuclear Reactors, Daejeon, 30 October - 2 November, 2007

[16] M. Naitoh, S. Uchida, Y. Uehara, H. Okada, N. Shirakawa, S. Koshizuka, K. Hattori and H. Saitoh
"Evaluation of Flow Accelerated Corrosion by Coupled Analysis of Corrosion and Flow Dynamics"
IAEA Topical Meeting on Advanced Safety Assessment Methods for Nuclear Reactors, Daejeon, 30 October - 2 November, 2007

[17] K. Shibata, K. Tanizawa and S. Koshizuka
"Numerical Analysis of Coupling between Ship Motion and Green Water on Deck Using MPS Method"
Proc. Int. Conf. Violent Flows (VF-2007), Fukuoka, 20-22 November, 2007, p.143-152

[18] M. Sakai and S. Koshizuka
Development of a Coarse Grain Method of DEM Simulations for Gas-liquid Flows
Proc. APCOM'07-EPMESC XI, December 3-6, 2007, Kyoto, MS12-1-3

[19] T. Harada, M. Tanaka, S. Koshizuka and Y. Kawaguchi
Real-time Coupling of Fluids and Rigid Bodies
Proc. APCOM'07-EPMESC XI, December 3-6, 2007, Kyoto, MS27-1-3

[20] S. Koshizuka, M. Tanaka and M. Kondo
Physics-based Computer Graphics Using Particle Simulation
Proc. APCOM'07-EPMESC XI, December 3-6, 2007, Kyoto, MS27-1-4

[21] M. Kondo and S. Koshizuka
Suppressing Pressure Oscillation in Fluid Analysis Using a Particle Method
Proc. APCOM'07-EPMESC XI, December 3-6, 2007, Kyoto, MS38-6-2

[22] K. Inagaki and S. Koshizuka
Fast Simulation of Breaking Objects with Particle Method
Proc. APCOM'07-EPMESC XI, December 3-6, 2007, Kyoto, MS38-6-4

国内会議

[1] 原田隆宏, 田中正幸, 越塚誠一, 河口洋一郎
"GPUを用いたリアルタイム剛体シミュレーション"
情報処理学会 研究報告 2007-CG-126 (14), Feb. 20, 2007, p.79-84

[2] 柴田和也, 越塚誠一
"波浪中における海水打ち込みと弾振幅船体運動の粒子法による数値解析"
弥生研究会「第11回粒子法研究会」報告書, UTNL-R-0460, 東京, March 5, 2007, p.50-79

[3] 入部綱清, 崎原康平, 藤澤智光, 越塚誠一
"粒子法による津波のシミュレーション"
第56回理論応用力学講演会講演論文集, 東京, March 7-9, 2007, p.385-386

[4] 田中正幸, 越塚誠一, 入部綱清, 崎原康平, 藤澤智光
"粒子ベース剛体シミュレーションによるビルの倒壊解析"
第56回理論応用力学講演会講演論文集, 東京, March 7-9, 2007, p.393-394

[5] 田中正幸, 越塚誠一
"粒子法赤血球モデルによる変形能の評価"
第56回理論応用力学講演会講演論文集, 東京, March 7-9, 2007, p.585-586

[6] 内藤正則, 越塚誠一, 二ノ方壽, 内田俊介, 湊明彦, 斉藤裕明, 秋山実, 穴原直樹, 堂崎浩二
"連成解析による気液二相流中構造物の振動・腐食評価手法の開発 5. 開発の進捗状況"
日本原子力学会2007年春の年会要旨集, 名古屋, March 27-29, 2007, J14, p.448

[7] 藤本清志, 湊明彦, 井上久道, 越塚誠一, 二ノ方壽, 内藤正則
"連成解析による気液二相流中構造物の振動・腐食評価手法の開発 6. 気液二相流中構造物の振動特性試験"
日本原子力学会2007年春の年会要旨集, 名古屋, March 27-29, 2007, J15, p.449

[8] 湊明彦, 上遠野健一, 越塚誠一, 二ノ方壽, 内藤正則, 内田俊介, 斉藤裕明, 秋山実
"連成解析による気液二相流中構造物の振動・腐食評価手法の開発 12. 湿り蒸気噴流中のミスト群輸送解析技術の開発"
日本原子力学会2007年春の年会要旨集, 名古屋, March 27-29, 2007, J21, p.455

[9] 越塚誠一, 劉傑, 守田幸路, 有馬立身, 飛田吉春, 山野秀将, 伊藤高啓, 白川典幸, 細田誠吾, 荒木和博, 内藤正則, 山本雄一, 小堺博, 氷見正治, 平野悦丈, 清水泉介, 大上雅哉
"新技術を活用した高速炉の次世代安全解析手法に関する研究開発 (1) 概要とスコープ"
日本原子力学会2007年春の年会要旨集, 名古屋, March 27-29, 2007, J26, p.460

[10] 山本雄一, 平野悦丈, 大上雅哉, 清水泉介, 白川典幸, 越塚誠一, 守田幸路
"新技術を活用した高速炉の次世代安全解析手法に関する研究開発 (2) COMPASSコード熱流体力学部の開発"
日本原子力学会2007年春の年会要旨集, 名古屋, March 27-29, 2007, J27, p.461

[11] 白川典幸, 山本雄一, 荒木和彦, 越塚誠一, 内藤正則
"新技術を活用した高速炉の次世代安全解析手法に関する研究開発 (3) COMPASSコード構造力学部の開発"
日本原子力学会2007年春の年会要旨集, 名古屋, March 27-29, 2007, J28, p.462

[12] 新井淳, 越塚誠一
"MPS法に基づく圧縮性・非圧縮性統一アルゴリズムによる二次元問題の解析"
第12回計算工学講演会論文集, 12(1), 東京, May 22-24, 2007, p.71-72

[13] 山田洋司, 越塚誠一
"MPS法を用いた膜の振動シミュレーション"
第12回計算工学講演会論文集, 12(1), 東京, May 22-24, 2007, p.99-100

[14] 原田隆弘, 越塚誠一, 河口洋一郎
"GPUを用いたSPHシミュレーション"
第12回計算工学講演会論文集, 12(1), 東京, May 22-24, 2007, p.101-102

[15] 入部綱清, 藤澤智光, 越塚誠一
"MPS法を用いた津波の大規模シミュレーション"
第12回計算工学講演会論文集, 12(1), 東京, May 22-24, 2007, p.103-104

[16] K. Inagaki and S. Koshizuka
"Fracture Analysis of Solid Materials with MPS Method Using Separation Tensor"
第12回計算工学講演会論文集, 12(1), 東京, May 22-24, 2007, p.119-120

[17] 原田隆宏, 越塚誠一, 河口洋一郎
"GPUを用いたSmoothed Particle Hydrodynamicsの高速化"
Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム, 大阪, June 23-24, 2007, p.175-180

[18] 新井淳, 越塚誠一
"乱流問題に対するMPS法の適用に関する基礎的研究"
日本機械学会2007年年次大会講演論文集(1), 大阪, September 9-12, 2007, p.3-4

[19] 稲垣健太, 越塚誠一
"Development of Three-Dimensional Elastic-Plastic Model for MPS Method"
日本機械学会2007年年次大会講演論文集(1), 大阪, September 9-12, 2007, p.9-10

[20] 越塚誠一
"連続体力学における粒子法とマイクロ流体解析" (特別講演)
第100回触媒討論会 討論会A予稿集, 札幌, September 17-20, 2007, p.357

[21] 越塚誠一, 劉傑, 守田幸路, 有馬立身, 張帥, 飛田吉春, 山野秀将, 伊藤高啓, 内藤正則, 白川典幸, 細田誠吾, 上原靖, 山本雄一, 小堺博, 氷見正治, 平野悦丈, 清水泉介, 大上雅哉
"新技術を活用した高速炉の次世代安全解析手法に関する研究開発 (8) 平成18年度の研究開発と進捗状況"
日本原子力学会2007年秋の大会, 北九州, September 27-29, 2007, E32, p.272

[22] 山本雄一, 平野悦丈, 大上雅哉, 清水泉介, 白川典幸, 越塚誠一, 守田幸路
"新技術を活用した高速炉の次世代安全解析手法に関する研究開発 (9) COMPASSコード熱流体力学部の開発と検証"
日本原子力学会2007年秋の大会, 北九州, September 27-29, 2007, E33, p.273

[23] 白川典幸, 上原靖, 山本雄一, 越塚誠一, 内藤正則
"新技術を活用した高速炉の次世代安全解析手法に関する研究開発 (10) COMPASSコード構造力学部の開発"
日本原子力学会2007年秋の大会, 北九州, September 27-29, 2007, E34 p.274

[24] 清水泉介, 越塚誠一, 山本雄一, 白川典幸
"新技術を活用した高速炉の次世代安全解析手法に関する研究開発 (12) COMPASSコードの解析結果の可視化"
日本原子力学会2007年秋の大会, 北九州, September 27-29, 2007, E36, p.276

[25] 内藤正則, 越塚誠一, 二ノ方壽, 内田俊介, 西田浩二, 斉藤裕明, 秋山実, 穴原直樹, 堂崎浩二
"連成解析による気液二相流中構造物の振動・腐食評価手法の開発 13. 開発の進捗状況"
日本原子力学会2007年秋の大会, 北九州, September 27-29, 2007, E44, p.284

[26] 藤本清志, 井上久道, 越塚誠一, 二ノ方壽, 内藤正則
"連成解析による気液二相流中構造物の振動・腐食評価手法の開発 14. 気液二相流中構造物の振動特性試験"
日本原子力学会2007年秋の大会, 北九州, September 27-29, 2007, E45, p.285

[27] 上遠野健一, 石田直行, 越塚誠一, 二ノ方壽, 内藤正則
"連成解析による気液二相流中構造物の振動・腐食評価手法の開発 15. 気液二相流中構造物の振動特性評価"
日本原子力学会2007年秋の大会, 北九州, September 27-29, 2007, E46, p.286

[28] 酒井幹夫, 越塚誠一
"核燃料製造工程における粉体流動シミュレーションの粗視化手法の開発"
日本原子力学会2007年秋の大会, 北九州, September 27-29, 2007, E56, p.296

[29] 近藤雅裕, 越塚誠一
"MPS法における圧力振動の抑制"
第20回計算力学講演会講演論文集, 京都, November 26-28, 2007, p.463-464

[30] 新井淳, 越塚誠一
"大きな密度変化に対するMPS-AS法の拡張"
第20回計算力学講演会講演論文集, 京都, November 26-28, 2007, p.469-470

[31] 山田洋司, 越塚誠一
"陽的なバネモデルを用いた粒子法における薄肉弾性体解析手法の開発"
第20回計算力学講演会講演論文集, 京都, November 26-28, 2007, p.485-486

[32] K. Inagaki, N. Imamura and S. Koshizuka
"粒子法による破壊シミュレーションの可視化手法に関する研究"
第20回計算力学講演会講演論文集, 京都, November 26-28, 2007, p.497-498

[33] 須藤健太郎, 越塚誠一
"粒子法による流体、剛体、布、弾性体のシミュレーションCG"
第20回計算力学講演会講演論文集, 京都, November 26-28, 2007, p.537-538

[34] 柴田和也, 谷澤克治, 越塚誠一
"海水打ち込みが生じる大波高時における船体運動の粒子法による数値解析"
第21回数値流体力学シンポジウム講演論文集, December 19-21, 2007, Tokyo, F5-2