Information

受賞(2014.9)

越塚・柴田研究室は支援大学として、プロメテック・ソフトウェア株式会社と株式会社構造計画研究所(支援企業)とともに、(独)科学技術振興機構主催「大学発ベンチャー表彰 2014」において、最高位である「文部科学大臣賞」を受賞しました。

大学発ベンチャー表彰は、2014年度に新しく始まった表彰制度です。大学等(国公私立大学、高等専門学校、国立試験研究機関、公立試験研究機関、独立行政法人、公益法人等(非課税の法人に限る))の成果を活用して起業した大学発ベンチャーのうち、今後の活躍が期待される優れた大学発ベンチャーが表彰されるとともに、特にその成長に寄与した大学や企業等も表彰されます。

【受賞理由】 (独)科学技術振興機構より

格子法が主流のCAEソフトウェア業界において、粒子法を用い今まで不可能であった流体の自由表面のシミュレーションを可能にした新規性、独創性を高く評価した。適用範囲の広い東京大学の技術をベースとし、顧客となる大学・企業とのコミュニケーションも順調で、海外展開についても戦略的提携により着実に進めている。今後、グローバル企業として大きく成長することを期待する。

【授賞式】

平成26年9月11日(木) 東京ビッグサイト